サイトマップの設定方法

サイトを作成する際に迷いやすい「サイトマップ」について解説します。

「サイトマップ」は2種類あります

それぞれ説明していきますね。

これを理解していないと、人に聞いたところで「?」となりがち。

知っていると作業もスムーズになりますので、是非一読して下さいね。

サイトマップとは?

二つの「サイトマップ」について、ご説明します。

ファイル形式 ユーザビリティ向上 クローラビリティ向上
HTMLサイトマップ ×
XMLサイトマップ ×

ユーザビリティ:読者向けの利便性

クローラビリティ:クローラーが適切にクロールすることが出来るようにすること。

HTMLサイトマップとは?

まず分かり易い方が、HTMLサイトマップと呼ばれるものです。

当サイトで言うと、トップページのここから見れます。

HTMLサイトマップ

ここをクリックしていただくと、このような画面になります。

HTMLサイトマップ2

このように、そのサイトの中にどのようなコンテンツがあるのかが一目で分かり、また希望のサイトにリンクされているページです。

これをHTMLサイトマップと呼びます。

XMLサイトマップとは?

次にご紹介するのがXMLサイトマップ。

これはサイト運営をする人でないとあまり一般的に知られてはいないです。

なので、初めてサイトを作る初心者さんが戸惑うところとなります。

XMLサイトマップとは、Googleなどの検索エンジンにサイトのコンテンツを通知して認識させるためのものです。

サイト開設するからには、記事を多くの人の検索にひっかからせて読んでもらいたいですよね。

Googleなどの検索エンジンは、クローラーというWebページ収集ロボットがあります。

このクローラーがページの情報を収集することを「クロールする」と表現します。

クロールの際に、XMLサイトマップを頼りにあなたのページの情報を収集し、検索サイトに表示させる仕組みです

なので、サイトを作成したらXMLサイトマップを検索エンジンに知らせる必要があるんですね。

HTML形式(HTMLサイトマップ)の設定方法

サイトマップを作る時には、プラグインを利用するのが良いです。

HTMLサイトマップのプラグインとして「PS Auto Sitemap」というものがあります。

WordPressのプラグイン新規追加をし、有効化します。

検索窓に「PS Auto Sitemap」と打ち込みましょう。

PS Auto プラグイン追加1

これをインストールします。

「今すぐインストール」をクリック後、「有効化」を押しておきます。

PS Auto プラグイン追加2

WordPress画面の左側のリストにある「設定」を選び、その中から「PS Auto Sitemap」を選択。

PS Auto プラグイン追加3

このような画面になります。

PS 設定画面1

更に下にスクロール。

ここにあるテキストをコピーします。

PS 設定3

WordPressの左のリストから「固定ページ」を選択。

更に「新規追加」を選びます。

PS 設定4

タイトルには「サイトページ」と記入。

HTMLページに貼り付けをしたいので、「ビジュアル」ではなく「テキスト」タグを選択します。

本文のところに、先ほどコピーしたテキストを貼り付けます。

PS 設定6

出来たら「公開」を押しましょう。

次は固定ページ一覧の画面に戻ります。

先ほど作ったサイトマップの列に、IDが記載されているはずです。

その番号をメモしておいて下さい。

PS 設定6

ここのID番号は、それぞれに違った番号が記載されているので、あなたのページで確認をして下さい。

では、もう一度「設定」から「PS Auto Sitemap」を選びましょう。

先ほどメモをした数字はこの赤枠のところに入力します。

PS 設定8

他の項目もそれぞれに意味がありますが、まずは上記画像と同じようにチェックを外したり付けたりして設定しておきましょう。

サイトの運営に慣れてきたら、またあなたの好みに合わせて設定しなおすことが出来ます。

とりあえずは画像と同じようにしておいて下さい。

下にスクロールして、画像と同じように設定します。

PS 設定9

最後は「変更を保存」を押して完了です。

サイトマップをサイト上から確認してみて下さい。

HTMLサイトマップ2

このように表示がされていれば設定成功です!

もしすでに記事を投稿済でしたら、それらの記事もリストに出てきます。

sitemap.xml(XMLサイトマップ)の設定方法

XMLサイトマップも、やはりプラグインがあります。

XMLサイトマップは「Google XML Sitemaps」といいます。

WordPressのプラグイン新規追加をし、有効化します。

XML 設定2

WordPressの左側の項目から「設定」「XML Sitemaps」を選びます。

するとこのような画面になります。

XML 設定3

「あなたのサイトマップのインデックスファイルのURL:」と書いてあるところに、XMLサイトマップのURLが表示されます。

それを確認して、サーチコンソールのサイトマップ画面に行きます。

「新しいサイトマップの追加」の欄にあなたのサイトのURLが載っているのを確認し、/以降には「sitemap.xml」と入力しましょう。

XML 設定5

先ほどXML Sitemapsで確認したURLと同じになっているでしょうか?

あとは、XML Sitemapsの設定画面に戻って、設定を進めていきましょう。

XML 設定6

基本的に画像と同じようにチェックを入れておくと良いです。

特に上の3つは、あなたが書いた記事が素早く認識されるために重要です。

「高度な設定」のところは、コンテンツが今後増えた時に、メモリを使いすぎないように自動的にファイルを圧縮してくれる設定です。

上記画像のようにチェックを入れておくと良いでしょう。

更に下にスクロールしていきましょう。

XML 設定7

これも画像と同様、一番上にチェックを入れておきましょう。

続きます。

XML 設定11

初期設定として、この4つにチェックを入れておきます。

  • ホームページ
  • 投稿(個別記事)を含める
  • カテゴリーページを含める
  • 最終更新時刻を含める

慣れてきたらカスタマイズすると良いです。

続きます。

これは、検索クローラ(サイトをパトロールしているロボット)のクロール頻度を設定するものです。

XML 設定9

画面と同じようにしておいてもらって、後々カスタマイズ可能です。

続きます。

ここは優先順位の設定です。

1.0が最も重要、0.1はほとんど重要ではない、です。

XML 設定10

ホームページや投稿ページは最重要にしておくと良いです。

他は大差ないので、画面と同じように入れておくと良いです。

最後は「設定を更新」ボタンを押すことを忘れずに。

最初の設定は以上です。

慣れない段階で設定をするので、不安なことも多いかと思いますが、落ち着いてゆっくり作業をしてみて下さい。