副業

MacBookの修理にかかった値段に絶望!直るまでの期間と手順まとめ

MacBook Airを愛用して5年。

さよてぃーぬ
さよてぃーぬ
パソコンの電源が入らなくなり、修理に出したけど、修理代金が高すぎて失神しました。

修理代金は、なんと50,930円!

うわ!高っつ!!!

まあ、パソコン内のデータは消えずそのままの状態だったので、納得しています。

こちらが実際の請求です。

この記事では、MacBookが故障したときの修理手順と、修理期間について具体的な流れをご紹介しますね。

Appleサポートはこちら

MacBookの修理にかかる値段

MacBookの修理にかかる値段は下記の通り、公開されています。

MacBookの修理にかかる具体的な値段

水没 11,000円~+部品代金
動作が遅い 4,400円~+部品代金
液晶画面割れ 12,100円~+部品代金
ウイルス感染 13,200~24,200
電源が入らない 4,400円~+部品代金

参考サイト:mac

さよてぃーぬ
さよてぃーぬ
+部品代金って何?!ここの値段が知りたい!

修理を出す前に、どのくらいの修理費用がかかるのか調べたところ、具体的な値段は記載されていませんでした。

修理代金の見積もりが知りたい場合、Macのサポートセンターに直接問い合わせることで提示してもらうことができます。

MacBook Airの修理にかかった実際の値段

MacBook airの修理にかかった値段は、50,930円。

<パソコンの状態>

  • 試用期間5年目
  • 水没などは一切ない
  • 落下や画面割れなどはない
  • 突然パソコンの電源が入らなくなってしまった

具体的な修理内容は、

  • ロジックボードの交換
  • キーボード、トラックパッドの反応が悪い症状が原因となっている部品の交換

送料や手数料など含め、総額50,930円。

MacBook Airの修理代金は見積もりと差額はある?

パソコンの具体的な修理状況を、口頭で説明したうえでの見積もりと、実際の修理代金は変わる可能性がある。

と言われましたが、全く同じ金額でした。

さよてぃーぬ
さよてぃーぬ
修理代金は高すぎだけど、サポートや対応は神でしたよ。

MacBookの修理にかかった期間は4日!

修理の手続きをしてから、直ったMacBookを受け取るまでにかかった期間は4日

  • 受付日:2021/10/5
  • 入荷日:2021/10/8
  • 出荷日:2021/10/8
さよてぃーぬ
さよてぃーぬ
届いたその日に修理が終わって出荷まで終わるって、早すぎだし、やっぱ修理代高すぎ。

Macから「10日はかかります。」と言われていたのですが、光の速さに驚きました。

受け取りまでの流れは、

  • 10月5日
    ネットから修理のお申し込みをする
  • 10月6日
    自宅にクロネコさんが集荷にきてくれる(macが手配) 
  • 10月8日
    修理現場に届く
  • 10月8日
    修理が終わり、配送
  • 10月9日
    自宅に届く

MacBookを修理に出すまでの手順と流れ

初めてMacBookの修理を出す人は、どこに、どうやって修理をすればいいのかわからないかと思います。

さよてぃーぬ
さよてぃーぬ
アップルの人がほ手取り足とり案内してくれるから大丈夫だよ〜!

では、修理までの手順を紹介するので、参考にしてくださいね。

※サポートを受けるのは無料です

アップルサポートはこちら

1)MacBookのシリアルコード番号を確認する

修理の際に必要になる、MacBookのシリアル番号。

本体の裏に「serial 」という文字の右側にある12桁の英数字が、シリアル番号です。

2)問い合わせ方法を「電話」か「チャット」を選ぶ

アップルサポートにアクセスし、今のパソコンの状態を選びます。

そうすると、下記の画像の画面に変わります。

  • 持ち込み修理
  • チャット
  • 電話

希望のサポートを選びます。

さよてぃーぬ
さよてぃーぬ
わたしはチャットを選びました。

チャットはAIではなく、ちゃんとサポーターの人が対応してくれます。

3)見積もりを出してもらう

問い合わせが無事にできたら、パソコンの状態を伝えて、見積もりを出してもらいましょう。

さよてぃーぬ
さよてぃーぬ
サポーターが調べたり、待ち時間が長くなりそうな時は、チャットが切断されないよう案内してくれました。

見積もりは数分で出してもらうことができました。(本体の状態は口頭で説明のみ)

見積もりが出たら、修理に出すかどうか決めます。

即決できない場合は、再度問い合わせることになります。

4)修理代金を先払いする

修理が決まったらサポート側に、住所・電話番号などの情報を伝えます。

修理代金は先払いです。

セキュリティ上、電話やチャットでクレジットカード情報のやりとりはできないので、メールで支払いの案内が届きました。

さよてぃーぬ
さよてぃーぬ
「支払う」ボタンを押して手続きをします。

見積もり金額分を先払い、修理後に返金もしくは追加請求とのことでしたが、わたしの場合は見積もり金額そのままでした。

5)自宅に集荷に来てもらう

支払いが終わったら、アップル側が集荷の手続きをしてくれます。

箱などはすべて準備してくれるので、本体を渡すだけ。

さよてぃーぬ
さよてぃーぬ
うちにはクロネコさんがきてくれました。

※送料で追加費用がかかることはなかったです

USBなどをさしっぱなしにしておくと、返却されない可能性があるので注意。

6)修理完了!データは残ったまま戻ってきた!

MacBookの修理ってどんな感じなんだろう・・・と疑問に思っていましたが、

パソコンに貼ってあったシールや、データもそのままで感動しました。

さよてぃーぬ
さよてぃーぬ
データが無事だったのが本当によかった。

サポート側からは、データの保証はできません。と言われていたので、買い替えも考えましたが修理に出してよかったです。

MacBookの修理にかかる値段や手順まとめ

修理までの手順まとめ

  1. MacBookのシリアル番号を確認する
  2. チャットか電話どちらか選ぶ
  3. パソコンの状態を説明する
  4. 見積もりを出してもらう
  5. 修理するかどうか決める
  6. 修理の手続きに進む
  7. 修理代金を先払いする
  8. 自宅に集荷に来てもらう
  9. パソコンが復活して自宅に届く

MacBookの修理にかかる値段は高額。

そのうえ、データが元どおりになる保証はしてくれない。

今回修理に出して思ったのが、アップルの製品は修理して使えば長く使えるということ。

さよてぃーぬ
さよてぃーぬ
修理後はボタンの反応もいいし、途中で固まったりすることもなく快適に使うことができています。

 

ブログを仕事にするために
必要なマインドやノウハウをLINE公式配信中!

ブログの学校LINE

稼ぐためのマインドや方法も発信しているのでお気軽にご登録ください!

\登録はこちらから/